本文へスキップ

「防災」、「減災」に有効な信頼あるフリーフレーム工法

godai-nav-method 

ナビゲーション

協会紹介
協会事業 協会沿革 組織図 協会支部 役員名簿
会員名簿
工法紹介
フリーフレーム工法 フリーフレーム工法
NCⅡ型枠 Sタイプ
フリーフレーム工法
ワンタッチタイプ
植栽フレーム工法 台形フレーム工法 ウッドスロープ工法 キャッチフレーム KSBB工法 エコスロープ工法
災害に強いフリーフレーム
施工実績
ダウンロード
図面集 カタログ
書籍注文
お知らせ
お問い合わせ

フリーフレーム工法 キャッチフレーム

特長

  • 1.確実に配筋
  • 鉄筋をはめ込むことで、内外交互に配置したフープタイの押圧効果により所定の位置に配筋することができます。

  • 2.作業性向上
  • 作業者の熟練度にかかわらず、鉄筋を『カチッ』とはめ込むことで仮固定できるため、鉄筋の結束作業が容易です。

  • 3.安全性向上
  • 鉄筋を仮固定した上で結束作業を行うため、作業の安全性が向上します。

配筋位置

フープタイ 2種類(内側、外側)を交互配置
フープタイ縦線間隔が異なる
配筋位置

スペック

呼称 鉄筋 B×H
FMC200NE D10
D13
200×200
FMC300NE D13
D16
300×300

組立状況

1)FMC200-D10 1,200×1,200(mm)


下筋設置

結束状況

組立完了

2)FMC200-D10 1,200×1,200(mm)


下筋設置状況

組立

特記事項

  • 比較的平坦なのり面に有効です。
  • 鉄筋径により、製品が異なります。
  • 鉄筋押し込み工具もこ用意しております。