本文へスキップ

「防災」、「減災」に有効な信頼あるフリーフレーム工法

godai-nav-method 

ナビゲーション

協会紹介
協会事業 協会沿革 組織図 協会支部 役員名簿
会員名簿
工法紹介
フリーフレーム工法 フリーフレーム工法
NCⅡ型枠 Sタイプ
フリーフレーム工法
ワンタッチタイプ
植栽フレーム工法 台形フレーム工法 ウッドスロープ工法 キャッチフレーム KSBB工法 エコスロープ工法
災害に強いフリーフレーム
施工実績
ダウンロード
図面集 カタログ
書籍注文
お知らせ
お問い合わせ

ウッドスロープ工法

丸太併用のり枠工法




この工法は、縦枠(吹付のり枠・現場打コンクリート枠)でのり面の安定を計り、 間伐材等の木材を植生の基礎工として、縦枠の間に架設し客土植生を行う工法です。
間伐材等は、草木が成長する5~10年の間、導入した客土の保持材として利用するものです。

  • 特徴
  • ●斜面の全面的緑化と安定の両立

    ●木本類植生に適する

    ●縦枠にロックボルト打設可能

  • 特徴
  • ●斜面勾配(8分勾配以下の斜面)

    ●小規模崩壊が想定される斜面

    ●植生が必要な斜面

    ●丸太材を現地処理する現場


≪縦枠設置・縦枠吹付状況≫
≪間伐材・客土流出防止マット設置≫
≪客土状況≫