本文へスキップ

「防災」、「減災」に有効な信頼あるフリーフレーム工法

godai-nav-method 

ナビゲーション

協会紹介
協会事業 協会沿革 組織図 協会支部 役員名簿
会員名簿
工法紹介
フリーフレーム工法 フリーフレーム工法
NCⅡ型枠 Sタイプ
フリーフレーム工法
ワンタッチタイプ
植栽フレーム工法 台形フレーム工法 ウッドスロープ工法 キャッチフレーム KSBB工法 エコスロープ工法
災害に強いフリーフレーム
施工実績
ダウンロード
図面集 カタログ
書籍注文
お知らせ
お問い合わせ

KSBB工法

KSBB工法は、のり枠面に植栽を図るための基盤工法です。のり枠に簡単に設置でき、 また、経済的に基盤を造ることができます。


  • 1.良好な施工性
  • 軽量で、のり枠の凹凸にも対応でき、施工性が向上します。

  • 2.優れた植栽生育基礎
  • ボックス構造体として植栽に適する客土量を確保できます。 さらに、保水性・排水性の良好な植栽マットの使用により、優れた生育基盤を確保できます。

  • 3.工期短縮
  • 最適な工期で確実にのり枠に取付けできます。

  • 4.経済性向上
  • のり枠に確実に取付けできるボックスとして、最も経済的な工法です。

  • 5.景観性向上
  • ボックス表面にツタやコケ類、化粧等を施すことにより潤いのある景観を演出できます。


用途

  • ダムやトンネル坑口におけるのり枠面の植栽
  • 道路のり面や急傾斜面におけるのり枠面の植栽

施工手順

※写真や図はクリックすると拡大表示されます。
1. アンカーボルト設置
2. KSBB本体設置
3. ナット締付け
4. ボックスマット設置
5. 客土工
6. 植栽工

主要諸元

1)標準タイプ

名 称 対応フレーム 勾 配 L1(mm) L2(mm) 客土量(L)
KSBB1000-05 F200 (1,200×1,200) 1:0.5 1,000 60 218
KSBB1000-10 F200 (1,200×1,200) 1:1.0 1,000 60 317
KSBB1700-05 F300 (2,000×2,000) 1:0.5 1,700 100 485
KSBB1700-10 F300 (2,000×2,000) 1:1.0 1,700 100 699
※枠スパンが2,000mm以上の場合、正面支持金具(ターンバックル)にてボックスを固定します。

2)平面タイプ

名 称 対応フレーム 勾 配 L1(mm) 客土量(L)
KSBB1000-H-200 F200 (1,200×1,200) 1:0.3~1.2 1,150 60
KSBB1700-H-300 F300 (2,000×2,000) 1:0.3~1.2 1,850 153