本文へスキップ

「防災」、「減災」に有効な信頼あるフリーフレーム工法

godai-nav-method 

ナビゲーション

協会紹介
協会事業 協会沿革 組織図 協会支部 役員名簿
会員名簿
工法紹介
フリーフレーム工法 フリーフレーム工法
NCⅡ型枠 Sタイプ
フリーフレーム工法
ワンタッチタイプ
植栽フレーム工法 台形フレーム工法 ウッドスロープ工法 キャッチフレーム KSBB工法 エコスロープ工法
災害に強いフリーフレーム
施工実績
ダウンロード
図面集 カタログ
書籍注文
お知らせ
お問い合わせ

フリーフレーム工法 NCⅡ型枠 Sタイプ

NETIS登録番号:KT-120106-A

フリーフレーム工法 NCⅡ型枠 Sタイプは、CO2削減を目指した型枠です。



特長

  • CO2削減による環境貢献
  • 鉄資材の削減および運搬上からCO2の削減を図れます。

  • 型枠上部の強度UP
  • 上部金網を2本にすることで、施工時の変形を抑制します。

  • 作業効率の改善
  • 軽量化により、現場内小運搬等の作業効率の改善が期待されます。

仕様

適用断面 150、200および300mm用型枠
線材仕様 材質JIS G 3547 SWMGS-2
線径2.15mm 引張り強さ500N/mm2以上
網目およびフープタイ形状は規格製造図あるいは承認願書をご覧ください。

CO2削減量

断面 150 200 300
型枠 NCⅡ-S NE(従来) NCⅡ-S NE(従来) NCⅡ-S NE(従来)
質量(kg) 1.07 1.19 1.44 1.60 2.11 2.32
CO2削減量 10.2% 10.2% 8.9%
※CO2削減量計算条件
1.製造時 粗鋼から線材製品になるまでの排出量
2.運搬時 運搬距離450km × 2(往復) = 900km 5tユニック(積載量3.5t、5.0km/L)を使用と仮定
上記、2つを合計したものにて計算しています。
※CO2削減量については、従来品と比較した数値を記載したものです。