本文へスキップ

「防災」、「減災」に有効な信頼あるフリーフレーム工法

godai-nav-method 

ナビゲーション

協会紹介
協会事業 協会沿革 組織図 協会支部 役員名簿
会員名簿
工法紹介
フリーフレーム工法 フリーフレーム工法
NCⅡ型枠 Sタイプ
フリーフレーム工法
ワンタッチタイプ
植栽フレーム工法 台形フレーム工法 ウッドスロープ工法 キャッチフレーム KSBB工法 エコスロープ工法
災害に強いフリーフレーム
施工実績
ダウンロード
図面集 カタログ
書籍注文
お知らせ
お問い合わせ

台形フレーム工法

台形フレームは、樹木の屈曲や損傷の要因となっていたのり枠(横枠)の角部分や、 日光・降雨・夜露が十分に当らない日陰部分を解消し、植物の成長に良好な環境をつくります。

特長

  • 1.植生環境の改善
  • 枠内全面に日光や降雨が当たりやすくなり、また、樹木の屈曲や樹皮・枝などの損傷要因が低減できるため、植生環境に有効な育成基盤を確保・維持できます。

  • 2.枠表面幅の減少による景観向上
  • 枠を台形状とすることで従来よりも枠の表面幅が小さくなり、圧迫感が緩和されるため、良好な景観が得られます。

  • 3.のり表面の安定
  • のり枠の底面幅が広がるため、地山との接触面積が大きくなり、のり表面の侵食に対する抑制効果が向上します。


従来ののり枠 台形フレーム
幹の屈曲 台形フレームの効果により、植物の順調な成長が期待できる

主要諸元

呼称 タイプ 上部幅/下部幅
-高さ
上部幅
(mm)
下部幅
(mm)
高さ
(mm)
断面積
(m2)
枠スパン
(mm)
適用
FD300 台形300 200/400-H300 200 400 300 0.09 2,000×2,000 F300
FD200 台形200 150/250-H200 150 250 200 0.04 1,500×1,200 F200

横枠台形300仕様例(台形フレーム断面・平面図)


縦枠:F300

横枠:FD300

平面図